ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 船越歯周病学研修会マスターコース第11・12回目が行われました

船越歯周病学研修会マスターコース第11・12回目が行われました

Straumann®︎ Implant

Tissue Level Implant
Bone Level Implant

山下素史先生によるCT講義

インプラント埋入治療計画立案

2021年3月27日(土)28日(日)に船越歯周病学研修会マスターコース第11・12回目が行われました。このコースは昨年からの新型コロナウィルスの流行の影響を受け1年の延期をしておりました。延期にご理解頂いた先生方・延期による満席の為、別日程の受講になった先生方には大変ご迷惑をおかけしましたことお詫び申し上げます。

さて1日目は船越栄次先生よりインプラント治療の基礎的な講義が行われました。当研修会はStraumann インプラントの認定コースとなっています。当院でも使用しているこのStraumann社製のインプラントは、国際的非営利学術組織であるITI(International Team for Implantology)により多岐にわたる研究が行われ、長期予後が確証されたインプラントで、世界No.1シェアとなっております。2日目には、当院OBであり当研修会講師である日本歯周病学会専門医・山下素史先生によるインプラントのためのCTの講義、船越栄次先生によるインプラント治療においての治療計画立案の方法、そしてStraumannのご協力の元、模型・豚骨を用いたインプラント埋入実習(Tissue Level Implant および Bone Level Implant)を行い、最後は昼食会を兼ねたサティフィケート授与式を行いました。

 
Straumannインプラント 認定コース
Straumannインプラント 認定コース
インプラント治療計画立案
インプラント治療計画立案
山下素史先生 CT講義
山下素史先生 CT講義
インプラント埋入実習
インプラント埋入実習
認定証 授与式
認定証 授与式

一覧に戻る